美活習慣

【髪のボリューム減】髪のハリ・コシがなくなる理由と対策

 

なんだか最近ヘアスタイルが決まらない・・
朝はふんわりしていても、いつの間にかぺっちゃんこ・・

 髪のボリュームが出ないと悩み始める40代の女性に、
今日は髪のハリ・コシがなくなる理由についてのお話しです。

 

【髪のボリューム減】ハリ・コシがなくなる理由

  ストレスに夜頭皮の過剰分泌

 ストレスというと心理的なものや体調面でのものを想像される方が
多いと思います。ですが、そんなことはありません。毎日の中のちょっとした
疲れた感覚も実はストレスに入ります。こんなちょっとしたことをストレスの
サインとして考えていかれると早めに対策ができるんです。

 ストレスが髪のハリ・コシが減る直接の原因は、ストレスで頭皮に
皮脂が過剰に出て髪の根本が倒れてしまうことなんです。

 もともと頭皮には薄い皮脂の膜があります。これは悪いものではなく、
この皮脂の層によって紫外線から私たちの頭皮は守られています。
さらに、この油は髪の毛1本1本をコーティングして艶を出しているのです。

 ですが、ストレスにより視床下部(皮脂の分泌司令塔)に影響が出てしまうと、
通常よりも多く皮脂が分泌されてしまいます。頭皮の油の分泌量が多くなると、
頭皮のベタつきや必要以上に油が髪の毛1本1本にまとわりつくため、
髪が重く寝てしまいます。つまり、本来ならふんわり立っていた髪が、
しっとりとぺたんとなってしまうのです。

 では、どうしたらストレスによる頭皮の分泌過多を正常に戻すことが
できるのでしょうか?

 

【頭皮の分泌過多】

理由1:生活習慣

 40代になると女性には年齢的な体の変化が出てくることを感じている人も
多いはず。仕事が忙しかったり、家事もしたりと、今まで通りやっているのに、
疲れやすいと感じることはありませんか?

284817

理由1:生活習慣

その1:睡眠不足

 毎日6時間から8時間は寝ているから大丈夫というわけではありません。
大切なのは睡眠の質です。

 

【睡眠の質の低下】

・たくさん寝ているのに寝起きがすっきりしない。

・夜、ベッドに入ってもなかなか寝付けない。

・夜、何度も起きてしまう。

 

【睡眠の良い質】

・寝付きが良い。

・目覚めがすっきりしている。

・ぐっすりと眠れている。

 企業の中にはパワーナップと言って15分の睡眠を取ることを
行っている会社もあります。15分というのはとても短い時間に
思えるかもしれませんが、短時間でも質の良い睡眠を取ることで、
脳や体が休まると言われています。会社勤めをしていたりして、
できる人とできない人がいると思いますが、もし、日中眠くても
我慢しているという方は試してみることをおすすめします。

 

その2:食事(栄養と食べる時間のバランス)

 一般的に言われている栄養バランスとともに、今あなたに必要な
栄養のバランスも一緒に考えていきましょう。同じ年齢でも、
仕事やプライベートな日常の違いによって、一人一人に必要な栄養は違います。
あなたに必要な栄養が補えることで、髪にも十分な栄養が届くようになります。
体は生きていくために必要な部分から栄養が届けたれていきますが、
残念なことに髪への栄養は優先度合いは低いのです。

 

理由2:女性の体

 女性ホルモンの一つ「エストロゲン」の影響があります。

665378

「エストロゲン」とは?

 女性ホルモンの1つで卵胞ホルモンと呼ばれます。
卵胞ホルモン(エストロゲン)は生理が終わって
排卵までに分泌が多くなります。

 卵胞ホルモン(エストロゲン)は女性らしさを作る働きがあり、
乳房の発達、皮膚、骨、筋肉、脳、自律神経などの働きにも
関係しています。思春期から分泌量が多くなって、30代が
ピークとなり、更年期になると減少していきます。

 卵胞ホルモン(エストロゲン)分泌の指令を出しているのは脳で、
司令塔となっているのが視床下部という部分です。視床下部は
ストレスの影響を受けやすく、生理の状態や体の様々な不調にも
影響が出てしまいます。

633388

【髪のハリ・コシ減へのヘアケア方法】

ポイント1:生活習慣

ポイント2:シャンプー

ポイント1:生活習慣

 睡眠と食事は本来の体の機能を整えていく、根本的な対策になりますが、
体質改善は時間がかかるもの。体質改善の目安として3ヶ月を頭において
取り組んでいきましょう。

ポイント2:シャンプー

 すぐにできることは使っているシャンプーの見直しです。もし、洗う成分の
強いものを使われている方には、早い方でしたら2〜3日で髪の変化を
感じていらっしゃいます。髪に栄養を送る血行を促進するもの、そして
、低刺激シャンプーを選んでいくと40代からの髪には良いでしょう。